1. HOME
  2. CSR
  3. 川のなぜなぜ舟めぐり
  4. 「第5回江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~」を開催しました

「第5回江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~」を開催しました

 当社と一緒に舟めぐり事業を展開するNPO法人東京中央ネットが主催する「第10回 EDO ART EXPO」の共催ワークショップとして、「第5回江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~」を開催しました。
 このイベントは、2013年に当社の株式会社設立50周年を記念して始まって以来、毎年定番化し、今年で5回目を迎えました。140人の募集に対して、849人という非常に多くの方からご応募をいただき、抽選でのご招待となりました。建設コンサルタントやシビルエンジニアについてご理解を深めていただくため、昨年から始めた小冊子の作成と事前配布も、引き続きご好評をいただきました。
 参加者の皆さまからは、「普段なかなか見られない景色と、興味深い話も聞けて楽しかった」、「治水、都市計画など、大変勉強になった」、「川の役割や水門の重要さなどを教わり、川に対してとても興味を持った」、「有料でも、子連れで参加したい人も多いと思う」などの感想をいただきました。

■開催日:2017年9月22日(金)、9月26日(火)、9月29日(金)、10月5日(木)、10月9日(月祝)
■運航回数:各日2便
■参加者数:136人
■所要時間:各便1時間半
■参加費用:無料(招待)
■コース:全5コース
 コース1:「分水路」って何だろう? 神田川・隅田川の水害と防災を学ぶコース
 コース2:「親水」って何だろう? 都市の水辺空間が果たす役割を学ぶコース
 コース3:「閘門」って何だろう? 江東デルタ地帯の防災と舟運を学ぶコース
 コース4:「江戸湊」って何だろう? 東京のウォーターフロントの変遷を学ぶコース
 コース5:「放水路」って何だろう? 近代東京の成り立ちを川から学ぶコース

コース4 天王洲ピアにて

コース5 荒川・旧岩淵水門(赤水門)にて