50th - 株式会社設立50周年

トップメッセージ

建設技術研究所社長:村田和夫

おかげさまで株式会社設立50周年
これからも安全で潤いのある豊かな社会づくりに挑戦します

株式会社建設技術研究所は、財団法人建設技術研究所から1963(昭和38)年に分離独立して株式会社を設立し、このほど50周年を迎えました。この間、役職員総数は110人から1300人に、技術士は600人を要するほどになりました。また、売上高は1.2億円から270億円に、営業利益は363万円から 7.2億円へと、大きく飛躍することができました。業務領域も、河川、ダム、道路、橋梁、トンネル、都市、そして情報、環境、防災、国際分野など、社会資本整備の多様な分野に進出し、調査、計画、設計業務さらにはCM、PFIをはじめとする事業執行マネジメント業務など幅広く対応して参りました。また、連結子会社も株式会社建設技研インターナショナル、福岡土地技術株式会社、株式会社地圏総合コンサルタントの3社を数え、従業員約1600人、昨年1年間の売上高は325億円、営業利益は9.4億円となっています。

これもひとえに、発注者の皆様、株主の皆様、地域の皆様、諸先輩方や従業員など、多くの関係者の方々の暖かい御支援・御指導の賜物と感謝致します。これを機会に、当webページにおいて50年の実績の事例を紹介するとともに、今後、50周年記念オープンセミナーの開催など、記念行事も予定しております。これらについては、順次ご案内させていただきます。

東日本大震災からの復興、新たな巨大地震への備え、少子高齢化社会における安全・安心の確保、老朽化した社会資本の維持管理や再生、活気ある生活空間の構築、再生可能エネルギーへの取り組みなど、建設コンサルタントの活躍の場は拡大しています。国土強靭化の議論も始まっています。

当社は新執行体制で次の50年に向かう新たな基礎つくりに向かって努力し、これからも安全で潤いのある豊かな社会づくりに挑戦して参ります。引き続き、皆様方のご指導、ご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

平成25年4月1日
代表取締役社長 村田 和夫