50th - 株式会社設立50周年

舟めぐり

「江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり
~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~」を開催しました。

弊社が日本橋地域の企業・学校・団体などと協働で実施している「お江戸日本橋舟めぐり」では、このたび株式会社設立50周年を記念し、弊社の土木技術者が案内役を務める特別クルーズを実施しました。

29日(日)、10月3日(木)の2日間で全4コース、合計40名の参加者を募集したところ、総計で372名のご応募をいただきました。
この場を借りまして、ご応募いただきました多くの皆様に深く感謝申し上げます。

抽選でご参加いただいた皆様からは、川づくり、まちづくりをはじめとする都市のインフラ整備における当社の役割が良く理解出来た、とのコメントなどを多くいただいています。

今後も、広く一般の皆様に暮らしを支える土木技術について知っていただくために、環境と人に優しい電気ボートを活用した東京都心の水辺の情報発信をしていきたいと思います。

イベント名
『江戸東京 川のなぜなぜ船めぐり』
~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~
開催概要
テーマと内容案内役
9月29日(日)10月3日(木)
コース1「分水路ってなんだろう?」
-神田川・隅田川の水害と防災を知るコース-
大川 重雄
(北陸支社)
木村 達司
(国土文化研究所)
コース2「閘門って何のためにあるの?」
-江東デルタ地帯の防災と舟運を知るコース-
大久保 秀一
(東京本社)
松田 光弘
(東京本社)
開催日
9月29日(日)、10月3日(木)
参加者
各便10名、合計40名
参加費
抽選にて無料でご招待

参加者のご意見・感想

  • このイベントは続けるべき!! 東京近郊のシリーズ化希望。(60代 千葉県 男性)
  • 閘門を初めて見て、とても勉強になった。橋や護岸工事について、初めて知ることが多く、とても楽しかった。(40代 東京都 女性)
  • 東京都心の環境を考える良い機会だった。(70代 埼玉県 男性)
  • 治水の勉強になった。(40代 千葉県 女性)
  • かつての味気ない川の眺めが良くなっていてよかった。(60代 東京都 男性)