1. HOME
  2. 経営方針
  3. CTIグループ主要3子会社ビジョン

マルチインフラ&グローバル展開を担う3つの主要なグループ会社の中長期ビジョンを策定しました

CLAVIS 2025においては、CTIグループは、幅広いインフラを対象とする「マルチインフラ企業」、世界に貢献する「グローバル企業」、技術者と技術を資源として成長する「アクティブ企業」を目指すとしています。そして、その実現のため、15社により構成されるグループ企業それぞれの成長とグループ内連携の強化を進めることとし、これらの方針の下で、3つの主要なグループ会社の目指す方向をとりまとめました。

株式会社建設技研インターナショナルは、「技術を武器に世界と戦える『日本を代表する』国際的なコンサルタント企業」を目指し、グループ全体の人材を活用して、アジアを中心とした拠点の整備、都市インフラ部門の基幹分野への育成などを進めることにより、100億円の事業規模を目指します。

福岡都市技術株式会社は、「まちづくりコーディネイト集団」として、区画整理事業をコアとしつつ周辺事業へ展開し、(株)日総建及び本体とあわせ、CTI都市・建築グループとして、都市プロジェクトの事業計画から設計・監理、運営までをワンストップで担うことを目指します。

株式会社地圏総合コンサルタントは、土壌・地盤・地質分野の新顧客開拓、新事業開拓へと大きく舵を切り、これらの分野の事業規模を30億円まで拡大させることを目指します。本体と重複する部分は本体に合流させ、砂防及び地質部門の技術を集約させて、業界トップクラスを目指します。