1. HOME
  2. 経営方針
  3. 営業活動指針

営業活動指針

社長宣言

多様なニーズに応えるとともに高品質なサービスの提供をお約束します

当社は建設コンサルタントという高度で最新の技術サービスを提供する企業です。これまでは、河川や道路などの計画・設計といったインフラ整備を中心に営業活動をしてきました。近年ではインフラの維持管理・活用、また、地球温暖化に対応する再生可能エネルギーの導入などへの対応、CM、PFIなどの事業執行のマネジメント、施設や設備の運用・維持管理を民間が一括して実施する包括民間委託(PPP)などの事業のプロセス検討や運営といった対応、そして品質向上や業務の効率化を主目的とした建設事業のIT化なども含め、さまざまなニーズへの対応が求められる時代となりました。

当社はこのように多様化するニーズにいち早く取り組むとともに組織・体制を整え、必要とするお客さまへの技術提供を営業と技術が一体となって積極的に展開しています。 「公共工事の品質確保の促進に関する法律」の施行以来入札・契約制度の改正が進み、技術力による競争が促進されています。当社は常に高品質のサービスの提供を目指して、技術の研鑽に努めるとともに技術力による競争を提案し、業務遂行の過程では業務マネジメントを徹底することでサービスのフォロー、結果として満足のいく成果のご提供を約束します。

株式会社 建設技術研究所
代表取締役社長 中村 哲己

営業活動行動規範

営業活動に関わるすべての役職員は

  1. 独占禁止法およびその他関連法規、社内規定、倫理、社会規範を遵守し、公正で自由な技術競争に基づく営業活動を行います。
  2. 建設コンサルタントの職業倫理、特に建設コンサルタントとしての中立性・独立性を堅持します。
  3. 営業部門と技術部門との協力連携の下、あらゆるニーズに対して事業企画または技術の提案を積極的に行うとともに、高品質なサービスの提供に努めます。
  4. 技術力はもちろんのこと優れた人格の形成など自己研鑽に努め、顧客の理解、満足、信頼を第一優先として活動します。

2019年4月1日策定