1. HOME
  2. お知らせ
  3. 当社設計の「小水力発電施設」が稼働しています。

お知らせ

当社設計の「小水力発電施設」が稼働しています。

当社が鳥取県より受託し、設計・監理業務を担当した南谷(なんこく)小水力発電所が稼働しています。
南谷小水力発電所は、鳥取県倉吉市関金町泰久寺(せきがねちょうたいきゅうじ)に設置された小水力発電所です。狼谷ため池(通称:大山池)に流入する水の高低差を利用して発電するもので、有効落差24mを利用し、最大出力90kW、年間発電可能量642Mwh(約170世帯相当)の規模で整備されました。1953年に建設された旧施設が、60年以上の歳月の経過によって老朽化していたため、農林水産省の補助事業を活用して鳥取県によって更新整備されたもので、天神野土地改良区が管理運営を行っています。
2014年11月29日に竣工式が行われ、同年12月1日から運転が開始されているこの施設は、当社が2012年に土木・建築・電気に関する設計業務、2013年に電気に関する工事監理業務を担当しました。発電効率の高いフランシス水車の設置や、発電所建屋を周辺環境になじむ木材で建設することを提案するなど、当社はこの施設の整備にあたって中心的役割を担いました。

syosuiryoku01.jpg syosuiryoku02.jpg

      フランシス水車が格納された発電所          施設脇に設置された竣工記念碑