1. HOME
  2. お知らせ
  3. CTIグループ中長期ビジョン「CLAVIS 2025」を策定しました。

お知らせ

CTIグループ中長期ビジョン「CLAVIS 2025」を策定しました。

建設技術研究所は、2015年を目標年とする第3次中長期ビジョン「PHOOS2015」を2007年4月に策定し、さまざまな取り組みを進めてきたところですが、このほど新たにCTIグループとしての中長期ビジョンを策定しましたのでお知らせ致します。
新しい中長期ビジョンは、その基本的な考え方として「社会への高い志と技術へのたゆまぬチャレンジにより、インフラ大変革時代に力強く成長する」を掲げました。2025年を目標年とする事業規模の目標は、600億円(国内500億円、海外100億円)としています。また、目指す方向は、幅広いインフラを対象としてあらゆるニーズに対応する「マルチインフラ企業」、世界に貢献するために海外業務をさらに拡大する「グローバル企業」であり、これを技術者と技術を経営資源とする「アクティブ企業」への推進によって実現しようとするものです。
今後、本グループビジョンに基づいてグループ企業各社において個別ビジョンならびに中期経営計画を策定予定です。
なお、新しいグループビジョンの名称「CLAVIS(クラヴィス)」は、ラテン語の「鍵」に由来しており、本ビジョンによって新たな未来を開くことを意図しています。

CTIグループ中長期ビジョン「CLAVIS 2025」はこちら