1. HOME
  2. お知らせ
  3. 維持管理に関する保有技術の社内説明会・体験会を開催しました。

お知らせ

維持管理に関する保有技術の社内説明会・体験会を開催しました。

 2015年7月31日(金)、橋梁点検ロボットの開発のために確保した川崎市内の実験場において、当社が保有する維持管理に関する技術の社内説明会・体験会を開催しました。
 この説明会・体験会は、従来、担当した部署内での使用に留まりがちであった自社開発技術を、CTIグループ内で広く活用することを目的に開催したもので、本社、各事業部門、各事業所、グループ企業から40人が参加しました。
 対象とした技術は、コンクリート表面に付着する塩分量を把握することが可能な「可搬式ポータブル蛍光X線分析装置」、構造物の3次元形状を把握可能な「3Dレーザースキャナー」、橋梁点検のための「無人ロボットによる点検・3Dデータ化」、高所での点検に有利な「高所撮影用ポール型点検装置」の4点でした。各技術のデモンストレーションを行うとともに、参加者による体験利用なども行いました。
 参加者間の意見交換により、改良点や他分野への展開方法についても新たな提案が出されており、今後の活用が期待されます。

  20150928_1.jpg  20150928_2.jpg

       蛍光X線分析装置の実演        参加者による高所撮影用ポール型点検装置の操作体験