1. HOME
  2. お知らせ
  3. 中部支社が中学生の会社訪問を受け入れました。

お知らせ

中部支社が中学生の会社訪問を受け入れました。

 当社中部支社は、2016年2月3日(水)に知多市立知多中学校(以下、知多中)の生徒12人の会社訪問を受け入れました。知多中では、1学年後期の「総合的な学習の時間」において「職業について調べる学習」に取り組んでいて、2015年11月には社会人講師による「職業講話」を聴いています。これに続けて職場見学を行い、様々な職業の内容を知ることにより、仕事に対する理解を深めるとともに、自分の将来の職業について考える機会としようとするものです。訪問するまでの交通手段や訪問先での質問なども生徒自身が事前に検討を行って、計画作成能力を高めることもねらいの一つとなっています。
 当社社員が、同校に通う対象生徒の保護者であったことから受け入れ打診がありました。当社では、土木の役割や建設コンサルタントの仕事を理解してもらう絶好の機会と判断し、CSR活動の一環で受け入れました。
 当日は、中部支社長・中平明憲のあいさつに続き、講義「土木の役割・建設コンサルタントの仕事」「プロジェクト紹介」「川と道のなぜなぜクイズ」を行いました。その後、技術部の執務室を見学し、洪水時の川の水位や流れのシミュレーションなどの説明を行いました。
 1時間半という限られた時間の中での説明となりましたが、参加した生徒からは、「建設コンサルタントがまちづくりで活躍しているのを初めて知った」「橋や道路はいろいろなことを考えて作られている」「地元の川や道をもっと知りたくなった」などの感想が聞かれました。

   lecture.jpg office.jpg

        会議室での講義の様子              執務室の見学