1. HOME
  2. お知らせ
  3. 大島地区消防組合と津久見市長より感謝状を頂きました。

お知らせ

大島地区消防組合と津久見市長より感謝状を頂きました。

 総務省は、有限の資源である周波数の有効利用や多様化する媒体への対応として、周波数の再編、通信方式の見直しを行っています。そのような背景を受け、総務省や地方自治体、地域団体においても、消防救急無線のデジタル化やそれに伴うシステム再構築を行っています。また、総務省は消防組織法に基づいて市町村の消防の広域化を推進しており、消防体制の効率化・基盤強化とともに、消防指令システムの再整備も行っています。
 当社は、これらの消防救急デジタル無線や高機能消防指令システムに関わる調査、計画、設計、施工監理に携わっております。そのような中、九州支社管内で以下の感謝状を頂きました。

  

 当社が担当した鹿児島県の大島地区消防組合消防救急デジタル無線整備工事において、3月2日に大島地区消防組合管理者である奄美市長より感謝状を頂きました。
 当社は、大島地区消防組合が3ヶ年工事として発注した「大島地区消防救急無線デジタル化整備工事」の施工監理を行いました。

              20160526_ooshima.jpg              

                   受領した感謝状


  同じく当社が担当した消防救急デジタル無線設備及び高機能消防指令システムの設計において、3月11日に大分県津久見市長より感謝状を頂きました。
 本業務では、津久見市消防本部の260MHz帯デジタル方式の消防・救急無線施設および高機能消防指令センターの無線システム及び通信指令システム、各種機器及び付帯設備に関する実施設計及び工事発注図書の作成を行いました。 

              20160526_tsukumi.jpg    

                   受領した感謝状