1. HOME
  2. お知らせ
  3. 国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所長より感謝状を頂きました。

お知らせ

国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所長より感謝状を頂きました。

 「平成27年9月関東・東北豪雨」では、台風18号および台風から変化した低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込んだ影響で記録的な大雨となり、9月9日から9月10日にかけて、栃木県内の各雨量観測所で、観測史上最大雨量(24時間雨量551mm)を記録しました。この豪雨により、鬼怒川の複数の水位観測所で観測史上最高水位を記録しました。鬼怒川では7か所で溢水したほか、9月10日12時50分には常総市三坂町地先で堤防が決壊しました。決壊の延長は約200mに及び、周辺では鬼怒川の氾濫によって多くの家屋が流失したほか、人的被害も発生するなど、甚大な被害がもたらされました。
 当社では、災害発生前から、浸水想定区域を検討する業務や堤防の設計業務を受託していたため、災害発生を受け、河川激甚災害対策特別緊急事業の申請などに対する協力と支援を行いました。これらの対応が評価され、国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所長より感謝状を頂きました。                     

            0607kinugawa.jpg

                   受領した感謝状