1. HOME
  2. お知らせ
  3. マルチインフラ展開の新規2子会社の中期経営計画を策定しました。

お知らせ

マルチインフラ展開の新規2子会社の中期経営計画を策定しました。

 当社が2015年4月に策定したCTIグループ中長期ビジョン「CLAVIS 2025」では、幅広いインフラを対象とする「マルチインフラ企業」、世界に貢献する「グローバル企業」、技術者と技術を資源として成長する「アクティブ企業」を目指すこととしています。このうちマルチインフラ企業への展開の中核として昨年グループ化した、株式会社日総建と株式会社環境総合リサーチは、2018年の目標とその実現に向けた行動計画である中期経営計画2018をとりまとめました。
 建築設計事務所である株式会社日総建は「確かな建築をつくる」という理念の下に「信頼」を継承しシェアを向上するとともに、CTI都市・建築グループの一員として建築と土木の融合を進めてインフラ関連事業、建築・都市総合事業などの新規分野へ展開し、事業規模20億円を目指します(中期経営計画の内容はこちら)。
 環境分析を主事業とする株式会社環境総合リサーチは「技術を高め、環境を科学し、社会に貢献する」という理念の下、従来からの顧客を大切にしつつ、CTIグループパワーを活用して新たな環境分野と新規顧客へ展開し、環境コンサルタントの基礎を構築して、事業規模12億円を目指します(中期経営計画の内容はこちら)。