1. HOME
  2. お知らせ
  3. 九州建設技術フォーラム2016に出展しました。

お知らせ

九州建設技術フォーラム2016に出展しました。

 2016年10 月17 日(月)~ 18 日(火)、福岡国際会議場(福岡市)で開催された「九州建設技術フォーラム2016」に出展しました。
 九州建設技術フォーラムは、産・学・官それぞれが新技術の開発・活用の取り組みについて情報を発信し、九州のさらなる建設技術の発展を目指すことを目的として毎年開催されています。今年は熊本地震の後であることから、「防災・減災、復興九州を支える建設技術」をテーマに103 のブースが設置され、来場者数は2 日間で3,000 人を超える規模になりました。
 当社九州支社ではブースを設け、「大規模災害に備える、復興を支える株式会社建設技術研究所」をテーマに以下のパネルを作成し、展示しました。

①熊本地震に対する取り組み:熊本地震発生直後から当社が実施している、復旧・復興に対する取り組みやボランティア活動を紹介。あわせて、これまでの災害復旧・復興に対する取り組みも紹介。

②災害に備えるための取り組み:「堤防を守る(巣穴被害の予防保全)」、「土砂災害に備える(地すべり調査)」、「構造物の異常を発見する(点検ロボット開発)」の視点で当社の保有技術を紹介。

③災害時における貨物車流動の見える化:当社が保有しているトラプロデータ(全国約1万台の貨物車の位置情報、速度などのデータ)を対象に、パネル、紹介映像やタブレットを用いて説明。

 ブースには、学生をはじめメーカーや同業他社など多くの方が来訪されました。お立ち寄りいただいた皆様、誠にありがとうございました。

 2016_kyushu_01.jpg 2016_kyushu_02.JPG

展示ブースの様子