1. HOME
  2. お知らせ
  3. 女性総合職現場研修会で八ッ場ダム本体工事を見学しました。

お知らせ

女性総合職現場研修会で八ッ場ダム本体工事を見学しました。

 2017年7月21日(金)~22日(土)に、女性総合職現場研修会を開催しました。今回の研修では、清水建設株式会社の協力を得て、群馬県長野原町にて建設中の八ッ場ダム(やんばダム)本体工事の施工現場を見学しました。

■研修目的および概要
 今回の研修は、主に入社10年目以上の女性総合職を対象とし、全国に散らばる女性総合職に交流の機会をもたせ、また、建設コンサルタントにとって立ち入る機会の少ないインフラの建設現場を見学し、仕事に対するモチベーションを向上させることを目的としました。見学の場を提供いただいた清水建設株式会社の女性社員にも参加していただき、交流の機会とすることができました。


  見学場所:八ッ場ダム本体建設工事現場(群馬県吾妻郡長野原町)
  協  力:清水・鉄建・IHI異工種建設工事共同企業体
       (主だった協力先は、清水建設株式会社)
  参 加 者:当社女性総合職13人、清水建設女性社員7人

■八ッ場ダムの概要
 八ッ場ダムは、利根川水系吾妻川に建設中の国土交通省所管の多目的ダムで、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道および工業用水の供給、発電を目的とします。1947年のカスリーン台風での被害を契機として、1952年に調査に着手しました。2013年から本体関連工事が着手され、2019年度の完成を目指して事業が進められています。

■施工現場の見学
 清水・鉄建・IHI異工種建設工事共同企業体唯一の女性技術者である清水建設所属の方から工事の概要説明および建設現場の案内をしていただき、堤体取付け斜面上部の見学台から、堤体へのコンクリート打設状況などを見学しました。

■意見交換会
 現場見学の後、清水建設株式会社および当社の参加者により、交流も兼ねて意見交換会を行いました。
 当社では、女性総合職は徐々に増えてはいますが、各職場では少数で、悩みを共有することも難しいのが現状です。こういった交流の機会を今後も積極的に設けたいと思います。


20170808.JPG参加者一同(背後は本体建設工事現場)

 

 

banner.jpg清水建設の八ッ場ダム建設現場紹介サイト