1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「九州建設技術フォーラム2017」に出展します。

お知らせ

「九州建設技術フォーラム2017」に出展します。

 2017年10月18日(水)~19日(木)、福岡国際会議場(福岡市)において開催される「九州建設技術フォーラム2017」(主催:九州建設技術フォーラム実行委員会 ※注))に出展します。
 九州建設技術フォーラムは、新しい建設技術の開発・活用・普及の促進をより効果的に図るため、「産」「学」「官」それぞれが新技術の開発・活用の取り組みについて情報を発信し、「産」「学」「官」で技術情報のプレゼンテーションや展示、新技術相談などの形をとりながら連携を深め、九州のさらなる建設技術の発展を目指すもので、当社は毎年出展しています。

 当社九州支社では、「大規模災害に備える株式会社建設技術研究所」をテーマに、下記の展示を行います。
①災害に備えるための取り組み:プロジェクションマッピング(動くハザードマップ)、防災行政無線の整備(設計)の紹介
②CIMの活用:設計対象構造物の三次元モデル化、三次元モデルによる多角的な情報の重ね合わせの紹介
③インフラの維持管理へのUAVなどの活用:UAVによる地表温度分布の把握、音波探査による地形把握、画像解析による河道内植生三次元データ把握、堤体変状把握の紹介
④合意形成ツールとしての活用:水理模型実験と水理解析の連携で効果を効率的に把握する技術と合意形成ツールとしての水理模型(ミニモデル)の紹介

 展示ブースでは、各開発技術について、実際の利用シーンや具体的な活用方法について、パネルや動画、模型などを用いて、わかりやすく説明を行う予定です。

  20171016_1.jpg 20171016_2.jpg

     プロジェクションマッピング           設計対象構造物周辺を含めた
      (動くハザードマップ)             三次元モデル化(CIM)

 

※注)九州建設技術フォーラム実行委員会
(公社)土木学会西部支部/(公社)地盤工学会九州支部/(一社)九州橋梁・構造工学研究会/(一社)日本建設業連合会九州支部/(一社)福岡県建設業協会/(一社)建設コンサルタンツ協会九州支部/(一社)日本道路建設業協会九州支部/(一社)日本橋梁建設協会九州事務所/(一社)日本建設機械施工協会九州支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会九州支部/(一社)日本埋立浚渫協会九州支部/特定非営利活動法人九州コンクリート製品協会/(一社)全国測量設計業協会連合会九州地区協議会/(一社)全国特定法面保護協会九州地方支部/(一社)九州地域づくり協会/(一社)九州地方計画協会/(一社)北部九州河川利用協会/(一社)九州建設技術管理協会/国土交通省九州地方整備局/福岡県/佐賀県/長崎県/大分県/熊本県/宮崎県/鹿児島県/福岡市/北九州市/熊本市/(独)水資源機構筑後川局/西日本高速道路(株)九州支社/福岡北九州高速道路公社/(一社)全日本建設技術協会九州地区連合会