1. HOME
  2. お知らせ
  3. 理研ベンチャー・フォトン応用計測研究所と業務提携契約を締結しました。

お知らせ

理研ベンチャー・フォトン応用計測研究所と業務提携契約を締結しました。

 2018年5月15日、株式会社建設技術研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:村田和夫、以下「建設技術研究所」)は、株式会社フォトン応用計測研究所(本社:東京都中央区、代表取締役:木暮 繫、以下「フォトンラボ」)と業務提携契約を締結いたしました。


20180516_photo.JPG  フォトンラボは、インフラ計測に関する国家プロジェクトの研究開発成果を製品化・社会実装することを目的として、国立研究開発法人理化学研究所(以下「理研」)の研究者を中心に、計測検査株式会社※1)の協力により設立された理研ベンチャー※2)です。現在は内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)課題「レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」の成果の実用化を目指しています。従来、トンネルなどの保守保全作業は技術者の目視確認や手作業が中心であり、多くの手間や時間がかかり、かつ危険性が伴うものでしたが、これを補完・支援するための遠隔・非接触計測技術の開発を行っています。これらの技術開発成果を広く民間企業に伝達・普及させる公平・中立の新技術センター機能が理研ベンチャー認定の条件となっています。

 今回当社は、フォトンラボが持つ新技術センター機能を活用し、その研究成果を用いて製品化した計測機器などを使って、インフラ計測・維持・管理に関連するパッケージを開発することを主目的とし、同社と業務提携することとなりました。当社が手がけるトンネルなどのインフラの点検・維持管理業務に、フォトンラボの製品やサービスを組みこんだパッケージを導入することで、SIP研究成果の社会実装の一翼を担いインフラ整備の高度化・効率化を目指してまいります。

※1) インフラ計測専門企業(福岡県北九州市)。フォトンラボの設立時に理研の研究者を支援し、共同出資者となっている。
※2) 理研のベンチャー企業支援制度に認定された企業。

 

■提携先企業の概要
会社名    株式会社フォトン応用計測研究所
所在地    東京都中央区日本橋本石町2-1-1アスパ日本橋オフィス 
代表取締役    木暮 繫
設立    2017年8月21日
資本金    630万円20180516_photo2.jpg
事業概要
 ・計測機器の製造販売および計測サービスの提供     
 ・インフラデータベースの設計と運用
 ・技術経営コンサルティング 
会社ホームページ    http://photon-labo.jp