1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「社会インフラテック2018」に出展します。

お知らせ

「社会インフラテック2018」に出展します。

 2018年12月6日(木)~8日(土)、東京ビッグサイトにおいて開催される「社会インフラテック2018」に出展いたします(主催:インフラメンテナンス国民会議、日本経済新聞社)。
 「社会インフラテック2018」は、インフラ維持管理者と、企業や技術者とのマッチングを目的とした展示会&カンファレンスです。ゼネコン、建設コンサルタント、保守・点検・補修、ICT、電機などインフラメンテナンスに関連する100を超える企業や機関が出展します。自治体の老朽化対策、新しいビジネスモデル、インテリジェントインフラ、コンセッション事例など、多彩なプログラムのカンファレンスも実施します。
 当社では、以下の5つの展示を予定しています。

  1. 橋梁点検ロボットBridgeView
  2. コンクリートひびわれ検出、損傷図自動作成
  3. トンネル点検:レーザー打音システム
  4. 水災害リスクマッピングシステムRisKma
  5. AIを用いた洪水予測システム

 

 

20181203_event-01.jpg4本のワイヤとセンサアームの制御で橋梁のすべての部材を下面から撮影し、
位置座標を付記した計測データベースを構築する。

20181203_event-02.jpg高性能無人ヘリロボットにデジタルカメラを搭載し、
橋梁などの構造物を対象として撮影を行い損傷図を精度よく作成する。

社会インフラテック2018」にご来場のうえ、ぜひ、当社ブースにお立ち寄りください。 

※弊社の出展内容や資料などは、出展者情報(https://messe.nikkei.co.jp/exhibitor/info/IN/ja/10600/)からご覧いただけます。 
※来場者事前登録はこちら(https://messe.nikkei.co.jp/register/form/IN/ja)からどうぞ。