1. HOME
  2. お知らせ
  3. CTIグループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目的として行動憲章を改定しました。

お知らせ

CTIグループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目的として行動憲章を改定しました。

 株式会社建設技術研究所は、2005年1月に、企業に求められる社会的責任(CSR)を率先して果たす必要があるとして、「経営理念」(企業としての最上位の理念であり、求める企業の姿)と「行動憲章」(経営理念に基づき行動するための宣言)を定め、これに基づいて企業活動を推進してきました。
 その後、ESG投資に対する関心が世界的に高まり、国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が定められるなど、社会環境や、ステークホルダーが求める企業の役割は、大きく変化してきました。これを受けて、CTIグループが企業活動を通じて企業の社会的責任を果たし、社会的課題を解決し、人々が大切にする文化を守り創造することで、社会と会社の持続的な発展を同時に実現するため、行動憲章を改定し、これをCTIグループ全体の行動原則としました。これに則った企業活動を進めることにより、私たちが財団法人建設技術研究所の創立(1945年)以来実践してきた社会貢献を大きく前進させていきたいと考えております。

 改定の内容はこちらをご覧ください。