• TOP
  • お知らせ
  • 電気ボートを使った無料クルーズイベント 「江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり」の募集を開始します。

2022.08.02

電気ボートを使った無料クルーズイベント 「江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり」の募集を開始します。

サステナビリティ

 2022年9月23日(金)~10月11日(火)の間、第15回「EDO ART EXPO」が開催されます。これは、NPO法人東京中央ネットが主体となり、東京都中央区、千代田区、港区、墨田区の名店、企業、ホテルや文化・観光施設などの既存の建物をパビリオンに見立て、「江戸の美意識」をメインテーマに、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介する事業です。
 この共催イベントとして、当社の土木技術者(シビルエンジニア)が案内役を務める特別クルーズ「第9回江戸東京・川のなぜなぜ舟めぐり~シビルエンジニアから聞く川にまつわる話~」を実施します。
 今年は、9月30日(金)、10月1日(土)、10月7日(金)の合計3日間で、2コース6便を運航し、これに合計30名の大人の方(18歳以上)を無料でご招待いたします。感染症対策として、乗船いただくお客さまは定員の半数としております。
 詳細およびお申し込みにつきましては、申込みちらしの裏面をご参照ください。
 申込期限は、9月5日(月)(必着)です。
 応募者多数の場合は、抽選となります。

 このイベントは、2013年に当社の株式会社設立50周年を記念して始まって以来、毎年定番化し、今年で9回目を迎えました。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大のため中止、2021年はオンラインクルーズとして動画を公開。今年は3年ぶりにお客さまにご乗船いただきます。前回の2019年は、150人の募集に対して、776人(競争率約5倍)という非常に多くの方からご応募をいただき、抽選でのご招待となりました。建設コンサルタントやシビルエンジニアについてご理解を深めていただくための小冊子の事前配布もご好評をいただきました。参加者の皆さまからは、「普段なかなか見られない景色と、興味深い話も聞けて楽しかった」、「治水、都市計画など、大変勉強になった」、「川の役割や水門の重要さなどを教わり、川に対してとても興味を持った」などの感想をいただきました。
 案内役を務める当社の土木技術者にとっては、このイベントは人材育成の場ともなっています。自らの専門技術だけでなく、舟の中から見えるインフラ全般について、お客さまにわかりやすく解説するため、地域の歴史・文化も含めたさまざまな知識や話術を身につける必要があります。こうして得たスキルは、建設コンサルタントとして貴重なノウハウとなります。この点が評価され、環境省と環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)が主催する「環境 人づくり企業大賞2016」奨励賞と、土木学会が主催する「土木広報大賞2019」イベント部門準優秀賞を受賞しました。
多数のお申し込みをお待ちしております。

photo_20220802_funameguri.JPEG