1. HOME
  2. 事業案内
  3. 公共調達支援

公共調達支援

サービス内容

公共工事積算

公共工事の積算では、工事を発注する際に必要となる予定価格を算定します。当社は、公共工事の積算基準に関する検討や歩掛・諸経費の調査・解析を実施するとともに、予定価格の算出に必要な資材価格、工事費、労務費の調査も行います。

公共工事の業者選定方式などの導入支援

わが国の公共工事の業者選定方式は、国際化に伴って指名競争入札から一般競争入札へ転換し、その後、公共工事品質確保法の制定により総合評価落札方式の導入が図られてきました。当社は、公共工事の業者選定方式などをより良いものにしていくための制度設計などの支援を行います。

技術紹介パンフレット

公共工事の資材価格等調査

公共工事の予定価格は、予算決算及び会計令(第80条第2項)において「取引の実例価格、需給の状況、履行の難易、数量の多寡、履行期間の長短等を考慮して適正に定めなければならない」とされています。
当社は、各種法令に則り、適正な工事積算を行うために必要な資材価格や工事費などの調査支援サービスを提供しています。

PDFダウンロード

最適な設計及び工事の調達方法の選定

建設産業が抱える地域の担い手確保等の課題を踏まえ、平成26年6月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が改正されました。
当社は、入札契約制度に関する国土交通省の各種ガイドライン作成や地方公共団体向けモデル事業などの支援を実施しており、これら業務経験を生かし、事業特性、地域の実情および制約条件などに適った設計および工事の入札契約方式の提案や制度設計を行います。

PDFダウンロード

ICT技術を活用したi-constructionの推進

一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善し、建設現場に関わる人の賃金水準の向上を図り、魅力のある建設現場へ変革するため、「ICT技術の全面的な活用」や「規格の標準化」、「施工時期の平準化」を柱としたi-Constructionの推進が国土交通省を中心に進められています。
当社は情報化施工の普及・促進や現場実態調査などの支援を実施しており、これら業務経験を生かし、ICT技術の導入計画の提案や現場実態調査、監督・検査の効率化などを支援します。

PDFダウンロード

当社技術のご紹介