1. HOME
  2. 事業案内
  3. 資源循環
  4. 技術紹介

資源循環 地方自治体における廃棄物処理施設の長寿命化計画策定や、不法投棄・廃棄物対策を支援します。

資源循環分野の技術紹介

資源循環・廃棄物

資源循環・廃棄物

廃棄物適正処理・リサイクル

資源循環システム構築 循環型社会の構築に向けて、私共は、リサイクル規模、リサイクル事業を成功させるための静脈物流のあり方、事業採算性等の基本構想を立案します。
施設計画・設計 私共は、リサイクル・適正処理処分に必要となる個別の施設計画および施設設計を実施します。
施工監理・CM 私共は、上記の施設建設工事を対象とした施工監理およびその施工CMへの展開を図ります。
広報・合意形成支援 事業推進にあたって私共は、地元住民に対する合意形成を支援します。
再生・延命化事業支援 一般廃棄物処理施設は、廃棄物の減容化・リサイクルにより、供用期間が当初計画より長くなる傾向にあり、自治体等ではそれらの施設の再生・延命化を計画するところが多くなっています。(中濃地域広域行政事務組合や安城市などの最終処分場掘り起こし事業など)。私共は、廃棄物撤去事業や最終処分場事業に関する技術シーズが豊富であらゆるニーズに対する対応が可能であり、最終処分場の延命化事業のコンサルティング事業の提案をします。
バイオマス利活用 循環型社会の形成と地球温暖化防止に向け、森林の間伐材や建設廃材等の木質バイオマスを原燃料として利活用することにより、資源リサイクルと温室効果ガス削減を両立する事業(コベネフィット事業)が大きく貢献することが期待されています。私共は、バイオマス関連の調査実績やリサイクル施設の計画・設計実績を生かし、木質バイオマスの導入調査、事業計画策定、設備実施設計、施工監理などのコンサルティングサービスを提供します。また、関連プロジェクトのアドバイザリーコンサルティングやモニタリングにも対応します。

地圏環境

最終処分場関連事業 地形、地質、地下水条件を考慮し、私共は、環境への負荷の小さい箇所に最終処分場を選定します。また最終処分場内でのガス流出の早期安定化のための対策工法の提案や、埋立内容物の再利用調査及び対策、閉鎖後の跡地利用計画、浸出水などの周辺環境への影響調査、対策工法の設計、施工管理、周辺地域社会への対応などを行います。

不法投棄対策・汚染修復関連

事業化支援 私共は、リサイクル事業を低コストでかつリスクが最小になるような事業スキームとして構築します。
広報・合意形成支援 事業推進にあたって私共は、地元住民に対する合意形成を支援します。