1. HOME
  2. ソフトウェア
  3. 流域管理用統合解析ソフトウェア『CTI-MIKE11』『日本語版MOUSE』

流域管理用統合解析ソフトウェア
『CTI-MIKE11』『日本語版MOUSE』

開発の目的

株式会社建設技術研究所(CTI)は、わが国に安全でかつ良質な社会資本整備を実現するために、これまで常に新技術を積極的に開発してまいりました。
その一環として、CTIは、流域管理分野についてデンマーク水理・環境研究所(DHI Water and Environment)と技術提携し、コンサルタント業務のより一層の品質向上と効率化を図るとともに、その高い技術サービスをわかりやすい形でクライアントと国民の皆様に提供するための新たなツールとして、河川および都市排水を対象とした水理・水文・水質解析の統合ソフトウェアであるCTI- MIKE11(日本語版)および日本語版MOUSE等を開発しました。

CTIの高度な解析技術とDHIの強力なインターフェースとの融合

CTIは自社開発の高度な解析ソフトウェア群を擁し、国内の河川流域管理に関するコンサルティング活動では建設省と都道府県の河川管理者から高い信頼を得ており、売上げ高についても№1の地位を占めています。ここに、社内のコンサルティング活動のより一層の品質向上と効率化を図るため、DHIの優れたインターフェースとCTIの高性能解析エンジンとを融合させた次世代型流域管理用統合解析ソフトウェアCTI-MIKE11等の共同開発しました。

新しいソフトウェアの特徴

CTI-MIKE11(日本語版)と日本語版MOUSEの主な機能は次のとおりです。

CTI-MIKE11 降雨解析、確率計算、流出解析、水理解析(不等流、不定流、樹木群を考慮した準二次元不等流等)、河床変動計算、水質解析
日本語版MOUSE 都市排水の流出解析(MOUSE Runoff)、水理解析(MOUSE HD)、水質解析(MOUSE TRAP)、リアルタイムコントロール(MOUSE RTC)

これら2つのソフトウェアに共通する特徴は、次のとおりです。

インターフェース

  • パーソナルコンピュータの日本語Windows環境の下で作動。
  • メニュー、ヘルプ、マニュアル等、全てのツールを日本語化。
  • 最新鋭のインターフェース技術を駆使することにより、モデル構築等が迅速かつ容易な作業環境(対話型、ビジュアル、自動化等)を提供。
  • 全ての機能でメニュー構成を統一することにより、初めてのユーザでも理解しやすいインターフェースを実現。
  • 平面図、縦断図、横断図、ハイドログラフなどの多彩な様式の出力を行い、さらにそれらをアニメーションでも表現。
  • 住民説明等のプレゼンテーションや報告書作成のための便利なツールを豊富に用意。

計算エンジン

  • 環状(ループ)の水路網や管網、分合流、常射流の混在、橋梁・堰・ポンプ場等の構造物など、実際の複雑な河川状況や下水道系統にきめ細かな対応が可能。
  • 数多くの検証結果に裏付けされた、安定性と精度の高い解析を短期間で実施することが可能。