1. HOME
  2. ソフトウェア
  3. 流域管理用統合解析ソフトウェア『CTI-MIKE11』『日本語版MOUSE』
  4. 日本語版MOUSE

日本語版MOUSE

機能概要

MOUSEは、以下のモジュールで構成されています。

【表面流出モデル(MOUSE Runoff)】
  • 土地利用状況、浸透・不浸透面積率などを考慮した、都市域における表面流出量を計算
【管内水理モデル(MOUSE HD)】
  • 枝状管網をはじめ、環状管網が連結されたような複雑な下水道管網に対しても、効率的かつ正確に管網内の非定常流れによる流量、水位等を計算
  • Monte Carlo法による確率年推定値の標準偏差計算が可能
【長期雨水流出モデル(MOUSE RDII)】
  • 水文学的な水循環に基づいた長期の雨水流出解析が可能
  • 管渠及び地表面氾濫域を立体的に連結したモデル構築により、強降雨時の高精度な平面氾濫解析が可能
【RTC(リアルタイムコントロール)モデル(MOUSE RTC)】
  • 下水道におけるリアルタイムコントロール適用可能性分析ツール
  • ポンプや堰などの施設のリアルタイムの効果的な操作規則を提案することが可能
【負荷量モデル(MOUSE TRAP)】
  • 都市域の地表面および下水道における堆積負荷の輸送並びに水質の経時的・位置的変化を計算
【長期流出モデル(MOUSE T)】
  • 合流式下水道の越流水問題やノンポイント流出負荷など、1~数年単位の長期の現象を対象とした解析が可能
  • 雨天時と晴天時の水理計算を効率的に組み合わせて連続的に計算
【GIS(地理情報システム)モデル(MOUSE GIS)】
  • # MOUSEとGISソフトウエアの一つであるArcViewとの結合により、容易に管渠データの構築が可能
  • 計算で得られた浸水域と地図情報との重ね合せ表示など、視覚的な分かりやすい情報の表示が可能

日本語版MOUSE 出力例

画像をクリックすると拡大できます。

日本語版MOUSEの画面

流域管理用統合解析ソフトウェアに戻る