1. HOME
  2. 技術紹介
  3. CIMへの取り組みについて
  4. CIMガイドライン 一般化への道筋

CIMへの取り組みについて

建設通信新聞「CIMガイドライン 一般化への道筋」への寄稿

「CIM導入ガイドライン(案), H29.3」に準じてモデルを作成し、設計者のモデル作成方法の検証と、それを引き継ぐ施工者の利便性を検証する取り組みを行いました。
これを(株)大林組との共同企画として実施し、建設通信新聞へ寄稿連載(13回)しました。


寄稿6 橋梁専門ツール開発し省力化 施工条件の付与が効率化

 ガイドラインに準じたモデル化の第2弾として橋梁編を取り上げる。
 橋梁はCIMが始まった当初は効果が得やすいと期待され、試行業務でも多く取り上げられた。部材・部品が多く配筋を含めた干渉チェックや、部材同士の取り合いを3次元モデルで確認することによって不整合をなくすことにつながると想定された。建築分野ではBIMがこれらの効果をすでに得ていたことから、設計品質の向上、施工時の手戻り防止に寄与すると考えられたためであろう。
 実際そういった効果も得られるが、橋梁は縦断勾配、横断勾配、幅員の拡幅などに合わせて断面が変化していくため、モデル化には多くの労力が必要となることが分かってきた。今回はPC橋を対象としたが、ガイドラインに準じて、コンクリートは数量算出結果と同等の値を得られる精度でモデル化するために、多くの時間を必要とした。トンネル編で活用したような専用ツールを橋梁でも開発し省力化することと、労力に見合った以上の効率化を得られるような活用方法の設定といった両面の展開が必要と考えられる。
 鋼材などは主に「干渉チェック」を目的としてモデル化を行うものとし、過密配筋部、シースとの干渉部を中心に必要に応じてモデル化することがガイドラインに示されている。これは設計段階での品質確保につながることもあり、施工段階においても現場作業員と配筋手順についてのシミュレーション、または物理的に配置可能か否かの判断ができるデータのニーズが高いと考え、上下部工接合部を部分的に取り出した鋼材の相互干渉を確認できるモデルを作成した。
 ガイドラインでは「現行の契約図書に基づく2次元図面による業務・工事の発注・実施・納品が前提」としているため、今回は2次元図面とCIMモデルを併用して活用することを前提にモデル化を行っている。図面は属性の1つとしてAttribute(属性)フォルダに入れるが、2次元図面内に記述があるものでも、3次元モデルと併せて確認することで効果があると思われる属性を付与すべきと考えている。これに該当するものとして、今回は施工時のコントロールや留意事項を付与した。例えば、「A1橋台施工時の土留め壁は砂質土層の場合はN値20以上の良質な支持層へ2メートル以上根入れを行うこと」といった現地状況に応じて調整が必要な項目が該当する。
 設計者側からは属性として施工段階の条件を付与することで効率化に繋がるのではと考えたが、施工者側はどういった情報を欲しているのだろうか。

藤田 玲
建設技術研究所 技術本部新技術推進部主幹

モデルに施工時のコントロールや留意事項を付与



建設通信新聞 2017年10月20日掲載
※使用許諾済み。無断複製転載を禁じます。