1. HOME
  2. 技術紹介
  3. CIMへの取り組みについて
  4. CIMガイドライン 一般化への道筋

CIMへの取り組みについて

建設通信新聞「CIMガイドライン 一般化への道筋」への寄稿

「CIM導入ガイドライン(案), H29.3」に準じてモデルを作成し、設計者のモデル作成方法の検証と、それを引き継ぐ施工者の利便性を検証する取り組みを行いました。
これを(株)大林組との共同企画として実施し、建設通信新聞へ寄稿連載(13回)しました。


寄稿9 点群こそ究極の属性情報 設計思想読み解く3次元情報

 河川編、ダム編、ともに今回は設計からのモデルを拝見した。
 河川編では、「既設堤防と計画堤防の擦り付け部に着目」ということで、モデルを通して施工時における検討事項を幅広く実施できることがわかった。
 しかしながら、既設堤防の現状については、作成されたモデルが現地状況を正確に再現されているのかは定かではない。この部分をどのようにコンサル側が把握し、それを元に計画堤防とのすり付けを行っているのかがわからないと、実施工での検討にはそのまま使えない。
 併せてダム編でもグラウト止水の当初計画モデルについては、計画モデルと施工モデルでは、原地形情報により状況が変わるので、設計モデルをそのまま施工時の情報として利用することはない。あくまでも設計の「考え方」を施工側が理解して施工方法を現地の状況に合わせて検討していくことになる。
 このように、河川もダムも、実際の地盤情報や地層情報がインフラ構造物の施工に役立つ情報であることは理解しているが、計画段階における情報はあくまでも「想定」情報が多く、施工時にそのまま利用できるものではない。
 調査段階で作成された地形情報は何時時点のデータなのかによって現場に乗り込み、いざ施工段階で確認すると、設計段階での地形は経年劣化によって変化していたということも多い。
 設計段階でのモデルをそのまま施工段階で利用するという発想を強く持ちすぎると、施工での利用が見えなくなる。また、施工段階の利用を意識しすぎると設計段階のモデル作成などが難しくなる。
 施工者も設計から渡されるCIMモデルは設計思想を読み解く「3次元情報」としてとらまえ、この情報を活用して施工時の事前検討や、施工情報をどのように設計モデルを活用して、次の維持管理フェーズに渡すかをよく考えて利用すべきであろう。
 今回のCIMガイドラインでは、設計から施工への情報を、その逆もまたしかりで、どう考えて利用するかという内容が記載されていないが、われわれ土木技術者は常にその意識をもってガイドラインを読み込んでほしい。
 最近ではリアルな現地形状をすぐ取得できるツールが多くある。3Dレーザスキャナ、SfM解析、さらには、ICT建機の施工面から取得する情報もリアルに施工面が地形情報として取得できる。これらのツールのキーワードは「点群」である。この点群を活用して、設計情報と施工情報の融合と活用が一気に進むと思っている。
 「点群」こそが究極の属性情報かもしれない。

杉浦伸哉
大林組 土木本部本部長室情報技術推進課長

点群から施工情報を抽出する



建設通信新聞 2017年11月17日掲載
※使用許諾済み。無断複製転載を禁じます。