1. HOME
  2. 技術紹介
  3. CIMへの取り組みについて
  4. CIMガイドライン 一般化への道筋

CIMへの取り組みについて

建設通信新聞「CIMガイドライン 一般化への道筋」への寄稿

「CIM導入ガイドライン(案), H29.3」に準じてモデルを作成し、設計者のモデル作成方法の検証と、それを引き継ぐ施工者の利便性を検証する取り組みを行いました。
これを(株)大林組との共同企画として実施し、建設通信新聞へ寄稿連載(13回)しました。


寄稿10 実務に沿い引継書シート改良 モデルごとにフォルダ区分

 最後に取り上げるのは共通編である。これまで、ガイドラインの趣旨を踏まえ、施工者が必要とするモデルをどう作るか考えてきた。そこで感じたことを元に共通編の「1章総論」を対象として読み解きたい。
 まずは「CIMモデルの考え方」について示す。ここでは地形や地質、構造物といったモデルの分類やモデルの詳細度が記されている。CIMはモデル化の対象物をそれに適したツールを用いて3次元化し、統合モデルにして活用することが一般的である。3次元モデルを作った人には経験があると思うが、モデルの精度を上げだすと切りがない上、それに応じた時間が掛かる。詳細度は活用目的によって設定されるが、全てを同じ詳細度で構築することは効率化に繋がらない。そのため、ガイドラインではモデルごとに活用目的に応じた詳細度を設定することで、効率的にモデル化することができるようにしている。
 「CIMモデルの提出形態」では、次フェーズに引き渡す際にモデルの構成が分かるようにモデル分類ごとのフォルダ構成が定められている。また、それぞれのモデル化ツールやファイル形式、留意点などを記載する引継書シートが示されている。
 施工者に適切に情報を引き継ぐことの重要性と難しさをこの企画により感じた。これはCIMを成功させるためのキーでもあろう。そのためにこの引継書シートが重要になるが、モデル化の意図を十分に伝えることができるか懸念される。
 実業務においては別途モデルの説明書を作成する必要があり、これを一覧で確認するための引継書シートは実事業の中で改良していく必要がある。
 もう1点、納品のフォルダ構成に対しても要望がある。今回は施工段階へ引き継ぐためのモデルに注視したが、実業務においては協議用資料や坑口検討用など、複数のCIMモデルを作ることが想定される。これら複数のCIMを1系統のフォルダ構成で管理すると煩雑になり、次フェーズ以降で利用する際に間違いの元になる可能性がある。そこで挿絵のように、CIMモデルごとにフォルダを区分し、その下層は現在のフォルダ構成としてはどうだろうか。
 ガイドラインでは次フェーズへ引き継ぐことに注力している。これはCIMの目的が建設生産システム全体での効率化だからであろう。ガイドラインにある「CIMの導入効果」や「将来の目指す姿」は必要なモデル詳細度で確実に情報を引き継ぐことで得られる効果である。これを念頭にわれわれコンサルタントが作成すべきモデルを考える必要がある。

藤田 玲
建設技術研究所 技術本部新技術推進部主幹

1系統のフォルダ構成で管理すると煩雑になる



建設通信新聞 2017年11月24日掲載
※使用許諾済み。無断複製転載を禁じます。