1. HOME
  2. 技術紹介
  3. CIMへの取り組みについて
  4. CIMガイドライン 一般化への道筋

CIMへの取り組みについて

建設通信新聞「CIMガイドライン 一般化への道筋」への寄稿

「CIM導入ガイドライン(案), H29.3」に準じてモデルを作成し、設計者のモデル作成方法の検証と、それを引き継ぐ施工者の利便性を検証する取り組みを行いました。
これを(株)大林組との共同企画として実施し、建設通信新聞へ寄稿連載(13回)しました。


寄稿12 建設生産全体の効率化に着目 モデル簡易作成ツールの開発を

 これまで、設計者の立場でガイドラインを読み解き、その主旨に沿ってモデルを作成してきた。今回はここで感じたことや、今後CIMに取り組む際に留意するべきことを総括として書きたい。
 ガイドラインの目的は建設生産性の向上であり、フロントローディングとして設計段階での負荷を増やし、後工程での効率化を図ることが前提となっている。そのために施工段階での活用方法を踏まえたモデルを設計者が作成することがガイドラインによって明確となった。
 この主旨を踏まえて各工種編に沿って実際にモデル化してきた際に、より効率化するために示すべき事項がガイドラインにあると感じた。これから実案件で設計したCIMモデルが施工段階で活用されていく。そこではさらに多くのガイドラインへの要望が出てくるものと想定される。現ガイドラインを叩き台とし、これらの知見を反映させて実際に生産性が向上するガイドラインへと拡充していくことになる。維持管理段階にも同様のことが言えるが、このような取り組みが今後のCIMの成否に大きく関わってくる。
 これまでの試行では、従来の設計後に図面を元にCIMモデルを作成することが多かったのではないだろうか。それがガイドラインが策定された今年度からはCIMは活用業務として、設計段階での検討で実践することが求められるようになった。
 ここで必要になるモデルは、ガイドラインに示される施工段階に引き継ぐべきモデルではなく、検討目的に沿ったモデルの精度、範囲で作成することが重要である。
 ただし、CIMの活用については設計者の立場からは「2次元で十分だ」「3次元の優位性が分かっていても簡単にモデル化できない」など、効率化に直接つながらずに敬遠される傾向が強いのではないだろうか。CIMの共通認識を得やすく、関係者間での議論が深化すること、曖昧なところや不整合がなくなって設計品質が向上し、建設生産システム全体が効率化することに着目してほしい。そのためにモデル化を技術者が行って設計意図を反映したモデルとすべきだが、ここに壁がある。
 CIMを普及するために必要なことは、やはり技術者が便利・楽になると実感することであり、モデル化を簡易に作成できるツールが不可欠だ。ガイドラインには活用方法を規定して、そのために標準化すべき事項を明確化する、ベンダーと連携してそのためのツールを開発するといった取り組みも重要ではないか。
 CIMの一般化への鍵はこうした取り組みや業団体を超えた連携にあるのだろう。

藤田 玲
建設技術研究所 技術本部新技術推進部主幹

CIMモデルは共通認識を得やすい



建設通信新聞 2017年12月8日掲載
※使用許諾済み。無断複製転載を禁じます。