BIM/CIMへの取り組み

取り組み事例

国土交通省では、BIM/CIM (Building/Construction Information Modeling/Management) の取り組みを進めてきており、当社は国や地方自治体などの業務で、BIM/CIMを活用した業務に取り組んでいます。ここでは、代表的な取り組みについて紹介します。

河道拡幅に伴う法面対策などに活用した事例

業務名:【平成28年度CIM試行業務】大河津分水路山地掘削法面対策検討業務
大河津分水路(おおこうづぶんすいろ)改修事業における河道拡幅に伴う法面対策および施工計画の検討において、施工ステップや地質データの3次元化にCIMを活用しました。また、本業務は国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所のCIM試行業務であり、以下の項目について CIM導入の効果・課題を確認しました。
  1. 3次元施工計画検討モデルにより、立体感・スケール感がつかみやすくなり、課題の抽出や判断の迅速化に役立ちました。また、3 次元モデル構築の課題個所を抽出することができました。
  2. 工事用道路概略検討において、3 次元モデル上で土工の切り盛りや縦断形状を確認し、線形を検討しました。周辺地形にどの程度の影響が生じるかを確認しつつ線形計画を作成することができました。

施工ステップ図作成

地質データの反映

工事用道路検討への活用

橋梁架替設計に活用した事例

業務名:【平成28年度CIM試行業務】新野積橋詳細設計業務
大河津分水路(おおこうづぶんすいろ)改修事業に伴う橋梁詳細設計にCIMを活用し、わかりやすい関係機関協議資料、および橋梁工事を細分化し時間軸を付与した施工ステップ図を作成し、複雑な縦横の鉄筋配置の交錯を未然に防止するために、3次元モデルを活用しました。また、本業務は国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所のCIM試行業務であり、以下の項目についてその効果を確認しました。
  1. 関係機関協議資料に3次元鳥瞰図などを活用し、合意形成の効率化に役立ちました。
  2. 景観検討では、完成後の状態を利用者目線で視覚的に確認することができました。
  3. 上部工の設計では、鉄筋、PC鋼材が交錯する中間支点部を3次元で部分的にモデル化し、相互干渉状況を確認し成果に反映させました。

施工ステップの検討

完成時のモデル

鉄筋・PC 鋼材や仮設架台との干渉チェックイメージ

3次元モデルからの模型を作成して活用した例

業務名:非公開
ここに示した写真は、自動車道のジャンクションについて、広報用資料として、複雑な形状を把握しやすくするための3次元模型を作製したものです。CADで3次元モデルを作製し、これを元にして3Dプリンタで出力することで模型を作製しました。この模型により、ジャンクションの形状が立体的に把握できるようになり、打ち合わせや説明が非常にわかりやすくなるという効果がありました。

ジャンクションの3次元模型の写真

グループ会社での取り組み例

当社のグループ会社であるWaterman Group Plc (本社:ロンドン)でも、2000年頃からBIMを活用し、3次元モデルの作製と可視化を実施してきています。過去のプロジェクトで作製したモデル例を示します。

建設通信新聞「CIMガイドライン 一般化への道筋」への寄稿

「CIM導入ガイドライン(案), H29.3」に準じてモデルを作成し、設計者のモデル作成方法の検証と、それを引き継ぐ施工者の利便性を検証する取り組みを行いました。これを(株)大林組との共同企画として実施し、建設通信新聞へ寄稿連載(13回)しました。